社会保険労務士の基礎知識

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

勉強しよう

社会保険労務士の基礎知識


Vol.16

どんな勉強方法がある?

社労士の資格は合格するのに、800~1000時間の勉強が必要だと言われています。

RSS
社労士の資格は合格するのに、800~1000時間の勉強が必要だと言われています。
これはあくまでも目安ですが、これを達成するには約1年間毎日数時間の勉強をすることが必要です。

では勉強に取り組むにあたって、どのような方法があるのでしょうか。

通学

資格取得のための予備校に通う方法です。
大抵は、各社オリジナルのテキストが配布され、決められた日程に合わせて校舎に通い、講師の授業を受けます。
初学者向けのものや、受験経験者向けの講座など、様々なコースを用意しているところもあります。

メリット

リアルタイムで直接講義が受けられます。緊張感を保って集中できるでしょう。
講師にその場で授業の疑問点を質問できるという利点があります。日にちを空けず、講義をした人物と同じ人に聞く方が質問をするのも簡単です。
毎年問題を分析・対策しているので、傾向に関してデータを持っています。これらや最新の情報も全て自力で調べることは大変ですから、利用する価値があるでしょう。また、模擬試験などを行い成績を分析しているところでは、受験生のデータももっているので目安になります。
同じ教室でライバルも勉強しているので、モチベーションを保てます。
また、カリキュラムが組まれていて、決まった日程で授業があるので、それに合わせて学習ペースが作れます。

デメリット

予備校で授業を受けるには、それなりの費用が必要です。
往復の通学時間・交通費がかかります。
また、決められた授業に出なくてはいけないので、時間が拘束されます。急な用事が入った時には欠席しなくてはいけないかもしれません。

通信

資格取得のための予備校が通信コースを用意していたり、通信講座のみを扱っているところもあります。
教材が完成次第送られてきて、自宅など好きな場所で学習する方法です。
インターネットで講義が見られるようになっていたり、送られるDVD教材で講義を受けるようになっています。

メリット

通学と同様に、問題を分析・対策しているので、傾向・最新の情報のデータを持っており、自力で調べる手間が省けます。
また、通信では自宅で講義を受けられるため、通学時間を短縮でき、その分の時間を勉強時間に充てることができます。
自宅で自分の集中できる環境に整えてから受講することができます。
通信は自分のペースで講義を受けられるので、予定が不定期な方や、忙しい方でも講義が受けられます。

デメリット

講義がリアルタイムではないため人によっては緊張感が薄れるかもしれません。
また、ライバルが見えず、ライバルはどの程度のモチベーションでどんな勉強をしているのかがわからないので、自分のモチベーションを保ちにくくなります。
そして、自分で計画通り学習を進めていかなければならない点です。自分の判断で計画を延ばしてしまいやる気が薄れてしまうこともあります。
しかし、これらは本人の気持ちの問題です。
他には、講義の内容の質問を直接できないということです。メールや電話などになり、いつでもすぐに質問できるわけではありません。また、質問サービスがない会社もあります。

独学

自分で市販のテキスト等を購入して、自宅などで自力で勉強していく方法です。

メリット

通学や通信で必要な学校に払う費用は発生しません。
定められたカリキュラムはなく、通う必要もないので、自分のペースで自由に学習をしていくことができます。
理解している部分は早めに、苦手な部分は時間をかけるなど、学習計画も自由に立てることができます。

デメリット

自分の力でテキストを理解しなくてはいけないため、初学者には難しく、かえって時間がかかる。また、わからない時に質問ができません。
内容を理解する前では、受験科目ごとの勉強計画を立てにくい。
法改正も自分で調べなくてはならず、これに時間をとられてしまいます。
また、自分で全て管理して勉強しているので、長い期間必要な社労士の勉強を挫折しやすいという点があります。

自分の生活や予算に合わせて勉強方法を選択するようにしましょう。

執筆者

あすか社会保険労務士法人
大東恵子
東京都社会保険労務士会会員(第1391号)
特定社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、日本FP協会認定講師。
大阪府出身。
平成4年に日商岩井株式会社(現在の双日株式会社)入社。
平成9年日商岩井株式会社退職、大東社会保険労務士事務所設立。
平成17年さくらソリューション株式会社設立。
平成18年労働保険事務組合日本総合労務マネジメント設立。
平成20年おおひがし労務経営事務所をあすか社会保険労務士法人に組織変更。


目次

01 社会保険労務士とは?

02 社労士の仕事(手続き代行業務)

03 社労士の仕事(書類作成業務)

04 社労士の仕事(コンサルタント業務)

05 社労士の仕事(人事労務管理)

06 社労士の仕事(年金相談)

07 社労士の仕事(労働・社会保険手続き)

08 社労士の年収は?

09 社労士はどのくらい忙しい仕事?

10 社労士の取引先ってどこ?

11 社労士をスキルアップする他の資格は?

12 会社内の社労士さんって?(勤務社労士)

13 開業社労士とは?

14 社労士になるには?

15 社労士の試験は難しい?

16 どんな勉強方法がある?

17 開業する予定がなくても社労士の資格をとっておくと便利?

18 行政書士との違いは?

19 女性の社労士さんは多い?

20 社労士の歴史は?いつ頃できた資格?

21 特定社会保険労務士ってなんですか?

22 特定社会保険労務士になるには?

23 社労士を取り巻く環境

24 今後社労士の仕事はどうなる?


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.