社会保険労務士の基礎知識

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

勉強しよう

社会保険労務士の基礎知識


Vol.22

特定社会保険労務士になるには?

社会保険労務士の試験に合格し、登録もしている上で、さらに「紛争解決手続代理業務試験」に合格することが必要です。

RSS

社会保険労務士の試験に合格し、登録もしている上で、さらに「紛争解決手続代理業務試験」に合格することが必要です。

紛争解決手続代理業務試験と厚生労働大臣が定める研修を受けます。
この研修は各都道府県の社労士会ごとに運営されています。
過去では9月から11月までの間に63.5時間かけて行われており、費用は85.000円でした。
この研修は、民法や憲法など社労士試験で行われていない科目の講義やグループ研修などを行なっています。
詳細は社労士試験に合格後、社労士会にお問い合わせ下さい。

前回の特定社会保険労務士試験(紛争解決手続代理業務試験)の合格率は、官報に掲載されたデータによりますと、受験者数1,628人のうち合格者は880人で、合格率は54.05%です。
それまで過去最低だった昨年の合格率63.14%を大きく下回る数字です。

詳しくは以下になります。

第1 試験結果

(1) 受験者数  1,628人(昨年1,644人)

(2) 合格者数    880人(昨年1,038人)

(3) 合 格 率   54.05%(昨年63.14%)


第2 合格基準

(1) 合格基準 100点満点中、54点以上、かつ第2問は10点以上

(2) 配   点 第1問は、70点満点、第2問は30点満点

第1回の試験の合格率は76%であったことを考えると、今後も難化の傾向は続いていくと考えられます。
そのため、特別研修だけでなく、対策をしてから試験に臨むことが必要になってきています。
かつては日頃の業務をこなし、特別研修の内容を理解すれば合格できるものと考えられる試験でしたが、約半数が不合格となっている現在では、より高度な内容になっています。

特別研修はビデオによる講義視聴を30.5時間、グループ研修を18時間、ゼミナールが15時間のカリキュラムです。
ビデオ講義とグループ研修は全国47都道府県の社労士会で行われますが、ゼミナールのみ全国12都市に限られています。

詳しくは以下になります。

(1)講義(30.5時間)

以下の科目をビデオにより行います。
1. 特定社会保険労務士の果たす役割と職責
2. 専門家の責任と倫理
3. 憲法(基本的人権に係るもの)
4. 民法(契約法、不法行為法の基本原則に係るもの)
5. 労使関係法
6. 労働契約総論
7. 賃金体系と労働条件の変更
8. 労働時間・割増賃金等と健康上の安全配慮義務
9. 退職、解雇、雇止め等雇用終了の問題
10. 男女均等、セクシュアルハラスメント、非正規雇用の問題
11. 個別労働関係紛争解決制度

(2)グループ研修(18時間)

10人程度のグループで研修が行われます。

労働紛争の事例が示されて、主張の申請書やその反論の答弁書をまとめる形で行われます。

依頼者の主張を的確に文章に表現するということを目指すものです。これらは、法曹の養成課程で行われる「起案」といわれるものです。また、別の事例にでは、いくつかの問題点を指摘し、それを中心に議論するという方法で研修を行います。

(3)ゼミナール(15時間)

50人程度のクラスで、講師と対話しながら講義を進める方法で行われます。講師は、労働事件に詳しい研修を受けた弁護士です。

2 試験
試験は、2時間でゼミナールの最終講義の後に行われる予定です。

内容は、個別労働紛争の具体的事例について、専門的解決能力及び実践的知識を問うものです。
第1問は、XとYの2者言い分が提示されており、各小問に記述して答える問題です。
第2問は、簡単に事例が示されており、各小問に結論と理由を記述して答える問題です。

 

※このデータは過去のものになります。

執筆者

あすか社会保険労務士法人
大東恵子
東京都社会保険労務士会会員(第1391号)
特定社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、日本FP協会認定講師。
大阪府出身。
平成4年に日商岩井株式会社(現在の双日株式会社)入社。
平成9年日商岩井株式会社退職、大東社会保険労務士事務所設立。
平成17年さくらソリューション株式会社設立。
平成18年労働保険事務組合日本総合労務マネジメント設立。
平成20年おおひがし労務経営事務所をあすか社会保険労務士法人に組織変更。


目次

01 社会保険労務士とは?

02 社労士の仕事(手続き代行業務)

03 社労士の仕事(書類作成業務)

04 社労士の仕事(コンサルタント業務)

05 社労士の仕事(人事労務管理)

06 社労士の仕事(年金相談)

07 社労士の仕事(労働・社会保険手続き)

08 社労士の年収は?

09 社労士はどのくらい忙しい仕事?

10 社労士の取引先ってどこ?

11 社労士をスキルアップする他の資格は?

12 会社内の社労士さんって?(勤務社労士)

13 開業社労士とは?

14 社労士になるには?

15 社労士の試験は難しい?

16 どんな勉強方法がある?

17 開業する予定がなくても社労士の資格をとっておくと便利?

18 行政書士との違いは?

19 女性の社労士さんは多い?

20 社労士の歴史は?いつ頃できた資格?

21 特定社会保険労務士ってなんですか?

22 特定社会保険労務士になるには?

23 社労士を取り巻く環境

24 今後社労士の仕事はどうなる?


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.