FACEBOOKを使いこなそう!

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

連載

FACEBOOKを使いこなそう!


Vol.04

Facebookでつながろう!

プロフィールの登録が完了したら、早速友達を探しましょう!

RSS

Facebookでつながろう!

 

■Facebookの登録後にまずやることは?

登録が完了したら、まずは画面に表示される手順に沿って、あなた自身の情報を登録しましょう!

 

既にご存知の通り、Facebookは唯一「実名登録」を原則しているSNSです。

登録できる情報は様々で、プロフィール写真はもちろん、性別や誕生日、出身地/居住地、在籍/出身校、勤務先、趣味、恋愛対象や家族構成なども登録できます。

前頁の■Facebookに登録しよう!の記事でプライバシーの問題について触れましたが、プロフィールの情報を充実させていればいるほど、周りの人はあなたを発見しやすくなり、且つ同業種の方からの“つながりのオファー”を受けやすくなります。

さらに、Facebookが新たに提供を開始した「タイムライン機能」では、あなたが生まれる時から現在に至るまで、“あなた自身の人生(ストーリー)”そのものを作ることができます。

 

タイムライン機能の詳細については、「Facebook Japan」が作成した以下の動画がとても参考になります。

https://www.facebook.com/about/timeline

 

ちなみに、2011年11月に集計されたFacebookユーザープロフィールのアンケート調査結果では、「プロフィール写真で自分の顔写真を使っている」という人は【53%】で、残りの「自分の顔写真を使っていない」と答えた47%の方にその理由を聞いたところ、「気に入った写真がないから」が【34%】という結果に。

また、プロフィールの公開範囲についても尋ねたところ、「実名(フルネーム)を登録している」という人は【95%】、「居住地や出身校も登録している」という人は【67%】と、大半のユーザーが自分を偽ることなく、むしろ自分の存在をWEB上でアピールしています。

 

Facebookは、“コミュニケーション”を大前提としているため、友達になる(つながりを持つ)には、相互承認が必要となるため、「会ったことがあり、親密な人とコミュニケーションをとっている」という人が【60%以上】と非常に高い数値となっています。

対して、「会ったことはないけど、Facebook上では親密な人とコミュニケーションをとっている」という人は約15%ほども存在しています。

 

執筆者

株式会社ACT(アクト)
安藤博貴
インターネットの広告代理店に於いて3年半の勤続を経て、WEBマーケティングを主軸としたコンサルティング会社へ執行役員として迎えられ、ソーシャルマーケティングを学ぶ。

その後、前職で培った知見を活かし、WEBのトータルソリューション企業を設立。
現在、取締役兼ソーシャルマーケティング担当として職務に奮闘中。


目次

01 Facebookを活用しよう!

02 Facebookスキルアップ!

03 「いいね!(Like)」ボタンって?

04 Facebookでつながろう!

05 Facebookであの人とつながろう!

06 実名ソーシャルメディアの持つ「チカラ」

07 実名ソーシャルメディアならではのメリット

08 代表的なソーシャルネットワークと特徴

09 ソーシャルネットワークの上手な利用例(士業編)

10 ソーシャルネットワークの上手な利用例(その他業種編)


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.