FACEBOOKを使いこなそう!

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

連載

FACEBOOKを使いこなそう!


Vol.06

実名ソーシャルメディアの持つ「チカラ」

ハンドルネームではなく実名で登録するFacebook

RSS
今だから言えること(結果論)かもしれませんが、私個人的には以下の理由から、実名ソーシャルメディアは日本人の特性をうまく突いていると感じています。

まず、Facebookをはじめたユーザーが感じている「いいね!」ポイントのひとつ目は、人が人の警戒心を緩和しているという点です。
実名や顔写真を公開することに習慣がなく、且つ警戒心が強いと言われているここ日本で、なぜここまでFacebookが流行したのか、
それは、ひとりの行動が他のひとりの行動を誘起する、いわゆる連鎖反応だと考えています。
「あの人がやってるから私もやろう」という、まさに日本人特有の性質が、短期間で会員数を1,000万強のSNSにまで育て上げた要因とも言えるのではないでしょうか。

次の「いいね!」ポイントは、初期交流のハードルを下げてくれる点だと思います。
いくらインターネット上とはいえ、初めて交流する人はもちろんのこと、長いこと交流のなかった知人やあまり絡みのなかった仕事の同僚に、こちらから積極的に交流を図りにいくのは、これまた遠慮しがちで慎ましい日本人特有の性質もあり、あまり得意ではないという方も多いでしょう。
しかし、実名ソーシャルメディアでは、参加者それぞれが社交性を持っており、秩序とマナーを守っているため、面識も無くいきなり交流を求めても、礼儀さえ守っていれば不自然ではなく、大体の人が目を通してくれますし、ちゃんと何かしらのレスポンスをしてくれます。
(こういうマメさも日本人特有かもしれませんね。)

※ただし、「Facebookであの人とつながろう!」でもあげたように、目的もなしにむやみやたらに接触するのは控えましょう。

執筆者

株式会社ACT(アクト)
安藤博貴
インターネットの広告代理店に於いて3年半の勤続を経て、WEBマーケティングを主軸としたコンサルティング会社へ執行役員として迎えられ、ソーシャルマーケティングを学ぶ。

その後、前職で培った知見を活かし、WEBのトータルソリューション企業を設立。
現在、取締役兼ソーシャルマーケティング担当として職務に奮闘中。


目次

01 Facebookを活用しよう!

02 Facebookスキルアップ!

03 「いいね!(Like)」ボタンって?

04 Facebookでつながろう!

05 Facebookであの人とつながろう!

06 実名ソーシャルメディアの持つ「チカラ」

07 実名ソーシャルメディアならではのメリット

08 代表的なソーシャルネットワークと特徴

09 ソーシャルネットワークの上手な利用例(士業編)

10 ソーシャルネットワークの上手な利用例(その他業種編)


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.