松山純子先生ロングインタビュー

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

インタビュー

松山純子先生ロングインタビュー


Vol.01

受験のきっかけと勉強方法

仕事をしながらの受験勉強では結構友達もなくしましたね

RSS

Q:松山先生こんにちは。お会いできて光栄です。本日はよろしくお願いいたします!


A:こちらこそよろしくお願いしますね。

Q:早速ですが、松山先生が社労士を目指されたきっかけを教えて下さい。


A:大したきっかけというものは無いんですが、私は14年間福祉施設で人事総務とケースワーカーの仕事をしていました。法律もよくわからないままに給料計算をしたり就業規則の改訂していましたので「私、 何にも分からないのに、いいのかなあ?」と思った事がきっかけです。それで、勉強しようかなと思ったんです。

Q:受験の勉強方法はどういった形でしたか?


A:通学しました。最初は、休日にだけ通っていたんですが、それだけでは段々難しくなってきまして、平日は夜2時間程度自習室に通って、休日は自習室で詰めるようになりました。

Q:その頃には、もうお仕事は辞められていたんですか?


A:いいえ、やりながらですね。大変でした。友達を結構無くしました(笑)。 会社の飲み会にも、ほとんど参加しなかったです。

Q:勉強が辛い時はどうやって乗り越えましたか?


A:通学のクラスだったのが良かったんだと思います。同じゴールを目指している受験生は、理解者であり、いい意味でのライバルでもありました。
辛くなれば「今日はみんなでご飯食べに行こう」とか、行き詰まれば授業が終わったあとでみんなで一緒に勉強したり、夜中にも「これ分かんない!」って電話し合ったりして、常にお互いを励まし合ってましたね。私は平成16年に合格したから、もう8年来になりますが、この時の仲間とは今でも付き合いがあります。仕事以外で行き詰まった時も電話したりしています(笑)

Q:開業のきっかけはなんですか?


A:実は、当初、開業はあんまり考えてなかったんです。学校に行っていても「え?開業しないのになんで資格取るの?」って言われたんですけど(笑)。資格を取ってから、ちょっと体調を崩したんですね。で、休職期間に入って、そのあと、復職をするか、開業をするかで悩んで、「じゃ、開業しようかな」みたいな感じだったんです(笑)

Q:復職を選ばれなかった理由は?


A:やっぱり、あの受験の大変さを思うと、「もったいなくなってちょっとやりたくなった」というのがあったかもしれないですね(笑)

Q:開業については、誰かからアドバイスはあったんですか?

A:アドバイスは受けてないです。社労士事務所に勤務した事もなく、そのまま開業しました。

  • Vol.01 受験のきっかけと勉強方法
  • Vol.02 開業とスタートダッシュの顧客獲得
  • Vol.03 ネットワーク・人脈・繋がりのお話
  • Vol.04 障害年金について(1)
  • Vol.05 障害年金について(2)
  • Vol.06 障害年金の仕事をするために
  • Vol.07 強み、ブログ・ホームページの有効利用のお話
  • Vol.08 10年後の社労士と先生の今後
  • Vol.09 受験生・初心者社労士へのメッセージ

執筆者

松山純子社会保険労務士事務所
松山純子
卒業後、14年間福祉施設(身体・知的・精神)で人事総務およびケースワーカー業務を経験し、平成18年6月に松山純子社会保険労務士事務所を開業。


目次

01 受験のきっかけと勉強方法

02 開業とスタートダッシュの顧客獲得

03 ネットワーク・人脈・繋がりのお話

04 障害年金について(1)

05 障害年金について(2)

06 障害年金の仕事をするために

07 強み、ブログ・ホームページの有効利用のお話

08 10年後の社労士と先生の今後

09 受験生・初心者社労士へのメッセージ


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.