セミナーを開くスピーチ力

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

連載

セミナーを開くスピーチ力


Vol.03

まずは日程を決めてしまう

「やる!」と決める事が大切です。

RSS
まずは日程を決めてしまう

セミナを開催するための最強のノウハウが、「セミナー開催の日付を決めてしまうこと」です。。「いつかやる」ではなく、具体的な日付を決めて「やる!」と宣言してしまうのです。 
その宣言は、ブログにでも何でも良いのです。会場もどこでも大丈夫です。都内の喫茶店のルノアールにも会議室はあるし、お客さんが3人だってかまいません。それが身内だって、事務所の職員だって良いのです。ランチの時にやるのも良いでしょう。 
とにかく一回やらないと、第一歩は踏み出せません。だからまず、何月何日にやると決めて、会議室を予約して、会場費を払ってしまう事です。 

私の講座でも、まず一日目の最初の15分でそれを宣言してもらいます。そうすると、もう後には引けなくなります。まだ内容も決まっていないけれど、大体4ヶ月後ぐらいの平日とか土曜日とかにやります!と宣言すると、自然と内容を決める必然性が出てきます。
 とにかくセミナーをやったことのない方は、日付を決める事です。
 「もうちょっとお客さんが増えてから」

 とか 「もうちょっと自信がついてから」

 などと言っていると、意味無く5年ぐらいすぐに経ってしまいます。だから「やる!」と決める事が大切です。
 セミナー開催を強くお勧めするには理由があります。
 それはセミナーをやっている人がまだまだ少ないため、成功のチャンスが大きいということです。 
社労士業界というピラミッドがあったとして、1位から10位の人が全員セミナーをやっているかといえば、そうではありません。自分が500位だとしても、そこから上の人達が全員やっているわけではないのです。
 だから今やってしまえば、まだやっていない上の人より「セミナー開催実績」においては、自分の方が上になれるわけです。「セミナー動員●●回」や「動員500人越えています」と言えるのです。 

後から始めた上の人は顧客の実績はあってもセミナー実績がないので、下の人でも先に始めていればその部分で、自分のブランドが立てられます。
 しかし、上の人がどんどんセミナーをやり始めると、セミナー実績でも上に上がれなくなります。 
一般の人は、社労士業界のピラミッドの構図など知りません。それを良い意味で利用すると、セミナー講師をやっているという事は「すごい先生に違いない」という認識に繋げることも可能です。 
一般からは、業界の第一人者として見られるわけです。自分のブランドがアップするのに、やらない手はありません。

 とにかくやるべきです。回数をこなす事でもちろん上手くなるし、多くの方と出会い、動員人数が増えていくので、数をこなすのは大事です。
 しかもセミナー実績を上げる為には、早くこなさないと他に負けてしまいます。最近、セミナーをやらなくてはならないと思っている士業の方が増えているからです。そういう方は、これからも更に増えるはずです。




日本一のアナウンサーが明かすプレゼンテーションとスピーチの極意!
を無料メールマガジンで読もう!

【人前で「話して」「稼ぐ」方法】
動画セミナーのメルマガ登録はこちらから
※株式会社スピーチジャパン様提供のメールマガジンです


↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お名前(姓)
 例)山田
Eメール
 *半角英数

執筆者

株式会社スピーチジャパン
三橋 泰介
現役アナウンサー・プレゼンテーショントレーナー。

局アナ時代にテレビ朝日系列アナウンスコンテスト全国1位、TBS系列コンテストでナレーション部門全国2位など数々の受賞歴を持つ。フリー転身後も「東北楽天ゴールデンイーグルス」など野球、バスケットボールなどスポーツ番組の実況中継を数多く担当。

台本なしで正確さ、臨場感、ストーリーテリングなどの技術が求められる即時描写的スピーチに定評がある。2010年4月「株式会社スピーチジャパン」設立。

アナウンサーとして培ったスピーチ技術をもとに上場企業の社長を口説き落とした実践的なプレゼンテーション技術、対面コミュニケーションを武器にプレゼンテーショントレーナーとしての活動もはじめる。TPOに合わせた話し方設計図を、1対多のマスコミュニケーションを行う必要のある経営者、リーダー向けに開発。現在、一部上場企業、政治家、営業職や士業、セミナー講師など話すことが仕事の評価につながるビジネスパーソンに向けてのスピーチトレーニング、セミナーの受講者は年間のべ2000人を超える。
ビジネス作家として6冊の書籍を執筆。著書「話術!虎の穴」はAmazon総合3位 話し方・プレゼン部門1位を獲得。


目次

01 アナウンサーからセミナー講師へ

02 自分でセミナー講演会を開く方法

03 まずは日程を決めてしまう

04 話すコンテンツを決める

05 喋り方

06 レジュメの使い方

07 集客の方法

08 今後のこと


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.