五十嵐一浩先生インタビュー

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

インタビュー

五十嵐一浩先生インタビュー


Vol.02

独立すること、自分を売ること

ものを売る、自分を売る、人とつながる

RSS
Q 最初から独立は考えていらっしゃたのでしょうか。


A ベンチャー企業に入ったときは、いずれ独立したいと思っていました。ただその時は社労士で独立しようとは考えてなかったですね。
ほかの会社から役員としての引き合いも頂いていたのですが、どうしても自分一人でやってみたいというのがありました。実際に独立を決めたのは38歳の時です。それまでいろいろなものを売ってきて営業には自信があったものですから、今度は今まで売ったことがない「自分」を売ってみたいと。自分が商品でありそれを士業という形で売る、というのは今までやったことがありませんでしたから、チャレンジしてみたいのもありました。



Q 今までのものを売るのと違ったと感じることはありますか。 


A 営業時代も、商品より自分を売る、というのは基本ですから、その部分は変わらないです。ただ、士業の場合、常に自分の商品力を上げていかなければいけないトレーニングが必要になるんですね。
知識ももちろんそうですけど、自分の体調管理や、お話しする能力など、自分を磨くためのいろいろなことがすごく重要になるなと。 
当然人脈もそうですよね。個人で独立して自分が商品となると、お付き合いさせて頂いている人々もすごく重要になります。



Q ブログやfacebookを拝見させていただくと、様々な方と交流されていらっしゃいますね。


A 独立した時に、これは絶対やろうと思い実践したことがあります。それは、3年間、毎月延べ60人のお客様に会う、ということでした。これは20日稼働すると考えて1日3人です。
大変でしたけど、そこでいろいろな経営者の方のお話を聞かせていただくことができました。その方たちは今でも営業とは思わないでお付き合いさせてもらってます。



Q 今までのご経験からそれが必要と感じられたんですか。


A いえただの思いつきです(笑)とにかく人に会わなければいけない、と。
ただ、初めて会った人に対して無理に売りむと絶対に向こうは引きますから、売込むのではなく「知って」いただく、ということを心がけています。そのお会いした方に紹介をお願いする、こういった方を紹介してくださいとお願いするんです。これはあえて今対面で会っている方に売り込むのではなくて、その後ろにいる人脈の方々にアピールするような形です。facebookと同じ原理ですね。
 Facebookができてほんと楽になりました。お会いした相手に忘れられないように、必ず写真入りの名刺を渡していたんですけど、それだけだとちょっと弱いんです。Facebookだと毎日情報をアップしていれば、半年ぶりに会った人でもお互いによく知っているので関係は深まるんですよね。
とにかく人とのつながり、結びつきを大事にしてます。


Q 開業するのに向いてる方はどんな方でしょうか。


A まずコミュニケーション能力の高い方ですね。これが一番だと思います。
経営者の方からはよく、「うちの社労士、全然コミュニケーション能力がないんだ」というお話を聞きます。社労士は、人のことに関する先生なのに、コミュニケーション能力を高める努力をする人が少ないのかな、と思います。多くの人に会わないと、そういったスキルは身につかないので、人に会うことを恐れている方は独立しちゃいけないですよね。

今までは会社という防波堤があったわけです。大きな波が来てもその中にいる分には良かったんですよね。 でも、独立するということは小舟で防波堤の外に出る、ということです。しかも自分軸を持たないというのは、GPSをもたないで漁に出るようなのです。自分軸ができてないと何をターゲットにしたらいいかわからない、GPSを持たないので漁場もわからない、イカを獲るのかマグロを獲るのかすらわからない、魚が獲れれば何でもいい、取り敢えず出船した、みたいな形では間違いなくやってけないと思います。

次ログインして続きを読もう!

ログイン無料会員登録

執筆者

レビンコンサル労務経営事務所
五十嵐一浩
・大学卒業後、ベンチャー企業に入社。
・マーケティング業務に従事し、28歳で子会社の派遣会社の役員、31歳で役員として上場を経験。
・その後、人材サービス会社の立ち上げ、時間貸し駐車場会社営業部長を経て、2008年に社会保険労務士受験講座講師、2009年レビンコンサル労務経営事務所開業。
・顧問先は従業員3名の会社から全国規模5000名の会社。
・特に中堅上場会社の顧問先を多く持つ。
・得意分野は労務管理と労働法務。
・強い分野は人材派遣業界。
・IPO支援やM&A(労務関係)の労務監査を行う。
・また自ら上場会社の役員にも就任。


目次

01 社労士になったきっかけ

02 独立すること、自分を売ること

03 人脈づくりの大切さ

04 セミナーと交流会

05 目標とアドバイス


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.