田中実先生ロングインタビュー

| できる社労士.jpについて | 新規会員登録 | ログイン | 

社労士・社会保険労務士
社労士・社会保険労務士のスキルアップ社会保険労務士 受験合格 社労士社会保険労務士の転職・就職社会保険労務士・社労士の開業・独立 

インタビュー

田中実先生ロングインタビュー


Vol.01

【受験について】

社労士試験を始め各種試験には、それぞれ合格するノウハウがあるんです。

RSS

話は戻りますが、社労士試験には毎年必ず出題ミスが2、3問ありますし、難問奇問も出題されます。
変な問題が出てきたら「これは出題ミス、もしくは誰も解けない問題」と瞬時に判断出来る事が大切です。
何問正解したかではなく、上位何パーセントかに入ればいいのですから難問奇問は解けなくても構わないんです。
でも真面目な方ほどそういう問題にひっかかってしまうのかもしれませんね。
模試で点数が良いのに本番で力を出せない人は、データの収集不足(皆が出来る問題とは何か?を知ること)と、問題を気にしすぎてしまうというのが大きな原因ではないかと思います。


データの収集方法としては、各予備校の模試問題とメール配信をすべて入手しておく事がお薦めですね。
やはり試験直前に見たものというのは覚えているものですよね。
各予備校は予想問題も出していて、多くの受験生が目を通しています。それと近い問題が出た時に答えられないと危険ですね。本番の試験では基本的に時間がないので、どんどん進んでいかないと間に合いません。知らない問題に時間を取られていてはダメです。
私の場合、苦手な科目というのは特になくて、労働基準法と、苦手としている人が多い国民年金や健康保険が自分は得意だったので本試験は満点かそれに近い点数でした。
それでも、模試の段階では点数がなかなか伸びず合格ラインに達していませんでした。
模試でダメな場合でも、そこから頑張って本試験突破出来る人もいます。
本試験まで2ヶ月もありますから、いかようにも挽回できます。
模試の点数が良くて安心しちゃうと危ないです。
特に自分が学んでいる予備校の模試は、問題のクセに慣れてしまい良い点数が取れる事があるので注意しないといけないですね。


Q:勉強中にくじけそうになったことはありましたか?


ひたすら「合格するんだ!」という意識でやっていましたのでくじけそうになったことはありませんでしたね。
心が折れそうになった時は、なぜ社労士試験を目指そうとしたのかその理由を自分に問いかけるんです。
動機は人それぞれです。「開業したい」「自己啓発の為」「誰かに自慢したい」「現状から抜け出したい」など色々あります。自分を信じる事が出来れば、どんな事があっても乗り越える事が出来ます!そのためにはコツコツと努力が必要なんです!


Q:限られた時間の中で勉強している人達へのメッセージをお願いします。


まず、考え方を変えて見ましょう。
「本当に時間がないのか?」
実は色々な事で1日の時間を浪費しているものです。テレビやネット、YouTube、Facebook等を見たりしている時間や通勤、休憩時間、食事、お風呂、トイレ時間など、上手に活用すれば1日に数十分から数時間の時間を作る事が可能です。
私の場合、一番役立ったのは隙間時間ですね。お昼ご飯を早く済ませて、残りは月刊誌の付録の単語帳を覚える時間に充てていました。
社労士試験は科目が多いので、1年間勉強をしていると最初の方に勉強したことを忘れてしまいがちです。
そうならないように単語帳を利用し記憶をキープするのに役立てていました。


試験によって勉強方法・解答方法など考える必要があります。
専門学校で簿記を学んでいた事があります。例えば簿記だと試算表というのがあります。多くの人は完璧に完成させないといけないと思っていまが、ここは部分的な配点基準なので最後までは分からなくても分かる所から埋めていけば良かったりするのです。


社労士試験の場合もどのように点を稼ぐのか。
仮に5問の中から「間違えているものはどれですか?」という問題の場合、5問全部知らなくても明らかに間違った問題が分かればそれが正解で点数は稼げます。
効率的に点数を稼ぐ方法を考える事も合格への近道だと思います。

執筆者

田中社会保険労務士事務所
田中実
平成22年2月 田中社会保険労務士事務所 代表就任
平成23年6月 帝王経営コンサルタンツ 代表就任
平成23年7月 全国給与計算検定協会 理事長就任
平成25年7月 株式会社帝王経営コンサルタンツ 代表取締役就任
平成26年5月 東京人材育成相談センター 代表就任

社会保険労務士業務としては助成金業務を中心として、就業規則、労務相談、手続業務 経営コンサルタント業務として、事業拡張コンサル、資金繰、融資、人材育成などを手掛けております。


目次

01 【受験について】

02 【社労士業について】

03 【事務所運営について】


  
本を出版しませんか 講演会を開催して見ませんか

できる社労士について

運営会社

サイトについて

会員登録

マイページ


できる社会保険労務士になる!できる社労士.jp (c) spark!! Inc. All Rights Reserved.